40代後半からの薄毛にも更年期は影響!プラセンタで対策を|更年期に効くプラセンタ

40代後半からの薄毛にも更年期は影響!プラセンタで対策を

40代後半ぐらいから、薄毛や抜け毛に悩む女性が急増します。
私の知人も「髪の毛を伸ばしたいけど、ボリュームが出ないから、頭頂部がね・・・ぺちゃんこになっちゃうし・・・」
とショートヘアーで我慢しています。

 

しかし、当サイトで紹介しているプラセンタには更年期の諸症状の原因となる自律神経のバランス調整作用があることで知られているのですが、実は発毛効果も期待できるのです。

 

更年期,プラセンタ,効果

 

プラセンタが与える更年期の発毛効果

元々、毛量が多い人でも【トップにボリュームが出ない】と悩む女性は多いんですね。

 

更年期の症状があったため、プラセンタを飲んでいたら
白髪が黒くなった、毛量が増えたと思いがけない効果があったという口コミを見かけます。

 

女性ホルモンの減少から起こる薄毛の場合には
ホルモン調整作用のあるプラセンタは有効です。

 

プラセンタには髪の毛の毛母細胞を活性化する作用
自律神経の調整作用
などがあるため、血流改善効果もあり毛母細胞につながる血流が改善され、栄養素や酸素を届ける作用もあります。
さらに、活性酸素の除去効果もあるため、皮脂が毛母細胞を傷つけてしまうことも防ぎます。

 

更年期に薄毛になる原因

更年期に薄毛になる原因の1つは加齢。
そしてもう1つの原因は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することです。

 

エストロゲンには毛髪の生え変わりサイクル、育毛効果もあるのですが
減少してしまうため、どうしても髪の毛は薄くなる、または細い髪の毛などが生えてくるといった
支障が起こります。

 

女性の髪は頭頂部から薄くなる

40以降の女性は【頭頂部から薄くなる】傾向があります。
つまり分け目が薄くなる、という現象。
これは、女性型脱毛症・瀰漫性(びまんせい)脱毛症と呼ばれます。
ヒトの毛は1つの毛根から数本生えていますが、その数が減少することから髪の毛が薄くなる、頭頂部が薄くなるということになるのです。

 

男性の薄毛と女性の薄毛の違い

男性の薄毛は男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうことが原因です。
女性とは真逆ですよね。
男性ホルモンが多く分泌されると体毛やヒゲが濃くなるにも関わらず、頭部が薄毛になりやすくなります。
男性ホルモンは男性的な体を保つ、闘争的な思考を作る、という働きがあり、頭部が薄毛になるのは皮脂の分泌が過剰になってしまうためなのです。

 

更年期の薄毛を解消するプラセンタの効果的な摂り方

プラセンタはクリニックや婦人科などでプラセンタ注射をしてもらうか、サプリメントを摂るかです。
発毛に対してはどちらも効果がありますが、クリニックは注射なので月に3,4回の通院をしなければなりません。
手軽なサプリメントから始めることをお薦めします。

 

その際にプラセンタ原末量は1日500mgは欲しいものです。
当サイトがお薦めしている母の滴プラセンタEXはプラセンタ原末量500mgですから理想的ですよね。
プラセンタを飲んだからといっても数日で変化はありませんが、3か月以上は継続して摂取してみることが必要です。
通院でプラセンタ注射をしてもらうにしても、サプリメントでも続けることを前提として選択しましょう。

 

ちなみにクリニックでのプラセンタ注射は1回1,000〜2,000円です。
母の滴プラセンタEXは1ケ月分60粒入りで4,500円です。
馬プラセンタの中では原末量から換算してもこれだけコスパが良いものはありません。