更年期の足のむくみ いつも足がぱんぱん 原因と解消方法|プラセンタで更年期障害の改善を!更年期に効くプラセンタサプリ口コミ人気ランキング

更年期の足のむくみ いつも足がぱんぱん 原因と解消方法

夕方になると足がパンパン。
立ち仕事をしていると足がけだるくなる。
足やひざの裏が張って痛みがある。

 

これらはすべてむくみの症状です。

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

 

更年期のむくみにもプラセンタは効果期待!できます

更年期におこるむくみの原因は加齢と女性ホルモンの低下によるものです。
プラセンタにはホルモン補充療法のような副作用はないので安心して試すことができます。

 

更年期,サプリ,口コミ,プラセンタ

当サイトがおすすめしている母の滴プラセンタEXはホルモン量を調整する内分泌調整作用・自律神経調整作用があります。

サプリメントは漢方ほど時間はかからないものの、最低でも1,2か月は試して経過をみるようにしてください。

 

また、私も実感したのですが、プラセンタサプリを摂ると、寝起きがかなり楽になります。
また、肌の調子も良くなりますよ。
私が利用しているプラセンタサプリは母の滴プラセンタEXです。馬プラセンタの中でもコスパが良く
品質も高いため、継続して利用するには好ましいものですよね。

 

>>母の滴プラセンタEXの口コミはこちら

 

このように、プラセンタで足のむくみを解消・緩和することは可能です。
下肢静脈瘤になってしまうと、悪化すれば、レーザー治療などをしなければなりませんし、見た目もかなりひどくなってしまうのでできるだけ早く、何らかの対処法をすることが大切です。

母の滴プラセンタEX

Tp200 日本メディカル研究所

キレイ・デ・プラセンタ

更年期の、特に自律神経系のホットフラッシュ・頭重感・片頭痛・睡眠障害に大きな改善力を見せてくれます。私も利用中ですが、プラセンタは更年期障害ととても相性の良い成分なのです。 >> >>母の滴プラセンタEX

更年期障害の悩みで愛飲されている方が多いサプリメントです。自律神経の不調を整え、イライラや不眠、ひどい生理痛、のぼせ、ほてり、多汗などにおすすめです。>> >>TP200

更年期障害の症状だけではなく、年齢により肌つや、たるみ、化粧のノリ、毛穴などが気になる、いわゆる肌老化、アンチエイジングに関してはピカイチではないかと思います。>> >>キレイ・デ・プラセンタ

>> >>更年期に効く馬プラセンタサプリメント 人気口コミランキングはこちら

 

エストロゲンが減少する更年期は代謝にも影響が

更年期には卵巣機能低下により女性ホルモンの分泌量が激減します。
閉経後にはエストロゲンの分泌はほとんどされなくなる、とも言われています。

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

 

しかし、エストロゲンには新陳代謝や血行促進の働きを担っているため
エストロゲンが減少すれば、代謝できない水分が体にたまってしまうのです。
これも、むくみの原因の1つです。

 

立ち仕事をしている人以外は意外と足のむくみには気を付けていない傾向があるかと
思いますが、実はむくみは更年期前後からそれ以降、悪化するまたはむくみがなかった人は
むくみが出るようなることが多いようです。

 

更年期以降の足のむくみはふくらはぎの筋力低下が原因

若い女性にも足が夕方になるとパンパンになって、靴が入りにくくなる という方は多いでしょう。
この場合には立ち仕事や同じ姿勢でいることから起こるむくみ。

 

更年期の場合には加齢によってふくらはぎの筋ポンプ作用が衰えてしまうことにあるのです。
更年期以降は加齢によって筋力が低下してしまうことから、ふくらはぎのポンプ作用も機能低下してしまい
血行不良が起こりやすくなるため足がむくみやすくなります。

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

 

加えて、女性ホルモンの減少から自律神経が乱れるため
血行不良にもなりやすくなっています。

 

このようなことが原因から、
40代後半以降は足が20代の若いころよりも数倍、むくみやすくなってしまうのです。

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキングふくらはぎのポンプ作用とは

 

私たち人間の血液は心臓から出発し、血液と一緒に酸素や栄養を体の隅々まで
運んでいます。
足や手、頭の先までいくと、今度は老廃物や排出物などと一緒に
心臓に戻されます。
戻された血液は新鮮な血液になるように、循環しているのです。

 

しかし、足は心臓よりも遠い場所にあり、戻ってくるときには心臓まで下から上へと
逆流をして戻さなければなりません。
この時に使われるのが、ふくらはぎの筋肉。
ふくらはぎの筋肉をポンプ作用として利用することで、足から心臓に血液が戻ることができるのです。

 

更年期の血行不良と加齢による筋力不足が合わさり
筋ポンプ作用の働きが低下するため、40代以降は立ち仕事でもないのに
足がむくんでしまう女性が急増するのです。

 

長期間、この状態を放置すると下肢静脈瘤と進行してしまう可能性もあるため
注意が必要です。

 

足のむくみを長期間、放置することで起こりうる下肢静脈瘤

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

足のむくみも ただ単に足がむくむ程度であれば、マッサージをすればよくなります。

しかし、足のむくみが悪化して、「とにかく足がだるい」という症状などが慢性的になり
その状態を放置したままだと下肢静脈瘤に発展してしまうことがありますから、注意が必要です。
(私の周囲には3人、下肢静脈瘤の蜘蛛巣状になっている方がいますが、いずれも更年期以降です)

 

若い方も含め、長い時間の立ち仕事だけではなく、座り仕事も長時間同じ姿勢でいると
足はむくみやすくなってしまいます。

 

むくみの正体は体の中の余分な水分

体内の約60%を占める水分のうち、細胞の外にある水分はそのうち1/3、
残りは細胞の内部にあります。

 

細胞の外液は、血液、やリンパ液、そして細胞の間にある間質液です。
間質液は動脈側からしみ出した血液やリンパ液の中にある栄養素を受け取って、
その後老廃物をこれらの水分に乗せて静脈に引き渡す役割をしています。

 

しかし、何らかの原因で動脈から染み出る水分量と静脈に戻される水分量とのバランスが崩れると
過剰な水分が皮下に溜まってむくみの症状が現れるのです。
皮膚科などで扱われるむくみから起こる代表的なものが下肢静脈瘤です。

 

下肢から静脈を経由して血液を心臓に戻すためには
前述したとおり、血管の周りの筋肉量とそれなりの筋力が必要不可欠です。
元々、女性の体はどちらも十分ではないのに加えて、更年期によるエストロゲンの減少と
加齢による筋力の低下。
どうしても静脈血が足に滞ることになってしまうのです。
これが むくみの原因。

足のむくみは、ストレッチをしたり、足の筋肉を養うことで改善は十分できます。

 

しかしそれでも改善しない場合には、体の冷えが原因となっている可能性が高いと思われます。

 

内臓の冷えと更年期による自律神経の乱れが原因?

更年期には女性ホルモンが激減するため、自律神経の乱れは常日頃起きている状態です。
さらに冷えが自律神経を乱したり、逆に自律神経の乱れを招くこともあります。

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

自律神経が乱れると、むくみの症状が現れることは解明されています。

例えば、内臓の温度の低下が起こると自律神経は命の危険を察知し
「緊急事態だ!」と判断します。
すると、ただちに血管を収縮させ血液の循環を通常よりも滞らせたり、
汗腺の働きを低下させ体内の熱を逃がさないようにします。

 

結果、血液が滞ることから心臓に戻りにくくなった静脈血はどんどんと体の下肢に溜まりやすくなってしまい、体に水分が蓄積されていきます。
この状態が長く続くと、むくみが起きてしまうのです。

 

慢性的な冷えに悩まされていて、ストレッチをしても一向に改善がみられない場合には
内臓が冷えている可能性が高いでしょう。

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング冷え以外にも考えられる原因

 

骨盤の歪みや皮膚のコンディションによっても身体がむくむことがあります。
できることからひとつずつトライして、自分に合ったむくみの解消方法を見つけていきましょう。

 

更年期以降のむくみ よくある症状は

更年期,サプリ,口コミ,プラセンタ

  • 足首がぱんぱんにむくんだまま元に戻らない
  • 朝起きると顔がむくんでいる
  • 体が重い
  • 手足がだるい
  • 足やひざの裏が張って痛い
  • アレルギーがひどくなる
  • 耳鳴りやめまいがする
  • ムカムカとむかつき感がある
  • 下半身が冷えてなかなか温まらない
  • 皮膚が乾燥する
  • 粘膜も乾燥する

 

むくみと水分の関係

むくみというと水分を摂りすぎている、水分が溜まっているイメージがありますよね。
むくみがあると、肌が乾燥気味になるって知っていましたか?水分があるにも関わらず、です。

 

むくみがあるときには、細胞内には必要な水分は入ってこないんです。
細胞周辺は水分が豊富な状態ですが、細胞自体の水分は出て行ってしまうためしぼんでしまいます。
すると水分の循環が悪くなり、肌が乾燥気味になるのです。

 

足のむくみを放置するとますます血行不良となり、冷え性の原因にもなりますし、前述したように
下肢静脈瘤の原因にもなります。

 

下肢静脈瘤は命に関わる病気ではないものの、見た目がとても悪くなってしまうため
スカートが履けない、パンツもゆるいものしか履けないという状態に悩まされる女性も多いのです。
下肢静脈瘤の初期症状として、肌の乾燥があります。乾燥することから痒くなり掻き毟り、色素沈着などにもなってしまうことがあります。

 

足のむくみをとる対策方法

つらい足のむくみは漢方薬での対策がとても相性が良いといわれています。

 

漢方薬で足のむくみをとる場合

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

漢方薬は元々、体内の水・血の巡りをもとに考えられたもののため

むくみには効果絶大とも言われています。
むくみから起こる耳鳴りやめまい、吐き気にもよく効く、と言われていますが、これらは漢方では水滞という症状になります。

 

桂枝茯苓丸・防巳黄耆湯・五苓散が効果があるといわれています。

 

ホルモン補充療法で足のむくみは取れる?

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

足のむくみの原因が更年期障害も関係しているのであれば、

ホルモン補充療法を受けることで
足のむくみが改善・緩和されることもあるかと思います。

 

しかし、おそらくですが足のむくみがあるというだけでは
ホルモン補充療法を受けることはできないかと思います。
更年期障害のほかの症状が顕著に出ていてかつ、足のむくみがある場合には
ホルモン補充療法を受けることも可能かと思います。

 

ホルモン補充療法は更年期障害の症状に対して婦人科から処方されるホルモン剤で治療を行う方法です。
更年期障害の症状は減りゆく女性ホルモンの減少のスピードが急激すぎると一気にさまざまな症状が起こる、といわれているもの。
その減少スピードを女性ホルモンを補充することで更年期の症状も緩和させよう、という方法です。
ネット通販などでもホルモン剤などは購入できるようですが、賛成できません。
というのも、医師の元で処方されるということは体質なホルモンの数値なども合わせて考え処方されるからです。

 

ただ体質によっては吐き気などの副作用が出る方も多いため、医師とよく相談してみてください。