更年期に乱れる自律神経にはプラセンタが良い|プラセンタで更年期障害の改善を!更年期に効くプラセンタサプリ口コミ人気ランキング

更年期に乱れる自律神経にはプラセンタが良い

更年期障害の諸症状には自律神経の乱れが大きく関係しています。
更年期障害は自律神経失調症の1つでもある、と言われていることもあり
自律神経の調整作用に優れるプラセンタと更年期の症状は非常に相性が良いと言われています

 

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント

 

それもそのはずで、
更年期障害の治療方法の1つとして「プラセンタ注射」が行われているほどですから
更年期の症状に対してプラセンタが有効であることはわかります。

 

プラセンタは自律神経の調整作用に非常に優れる点が
大きなポイントです。

 

プラセンタは自律神経調整作用に優れる

プラセンタについての解説はプラセンタ注射を行っている医療機関のサイトにも
色々掲載されています。
当サイトでも説明していきましょう。

 

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント

プラセンタとは胎盤のことです。

 

胎盤はお腹にいる赤ちゃんのへその緒をつながっており、栄養を送ったり酸素を送る役割をしています。
赤ちゃんが成長するために必要な栄養が胎盤にはぎっしりと詰まっていることがわかりますよね。

 

プラセンタの最大の特徴は、この自然治癒力を増大させることです。

 

たとえば、

 

  • 女性ホルモン調整作用
  • 更年期に乱れる女性ホルモンのバランスを調整する作用があります。

     

  • 体内の血液を正しく循環させる
  • 更年期はめぐりが悪くなり冷え、頭痛、むくみ、めまいなどが起こります。
    血行促進されることで、このような症状が改善します。

     

  • 新しい細胞を次々と作り出す力を与え活発に活動させる
  • 皮膚の再生サイクル(新陳代謝)が良くなり、みずみずしい肌になります。

     

  • 自律神経調整作用
  • 体や心を適切なバランスに保つことで、やる気が起きない、いつもだるいという方に非常に効果を奏します。

     

  • 免疫機能を高める
  • 体に入った害のある敵を排除し、健康を守ります。

     

  • 抗炎症作用
  • 身体の炎症を治める効果があり、アトピーやニキビが改善します。
    特にプラセンタは現在、アトピー治療にも最前線で注目を集めているのです。

 

つまり、プラセンタは、人間が本来持っている力(自己治癒力)を、より効果的に高めてくれるのです。

 

では、更年期障害の症状をまねく自律神経はどんなもので、
乱れることでどのような症状が起こるのでしょうか。

 

更年期に自律神経が乱れるために起こる症状

更年期障害は、加齢によって卵巣機能が低下し、その影響から自律神経のバランスが乱れるようになります。
詳細は後で述べますが、自律神経のバランスが乱れることで起こる症状は非常に多岐にわたり、また個人差が大きいのも更年期障害の特徴でもあります。

 

更年期というと、イライラしたり、ヒステリーな人というイメージが強いのですが
イライラやヒステリーを起こしてしまうことも自律神経のバランスが乱れているからなのです。

 

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント自律神経が乱れることで起こる症状

 

  • ほてり、のぼせ、大量の発汗
  • 乳房の痛み
  • 動悸、息切れ
  • 脈が早くなる(頻脈)
  • めまい、ふらつき、耳鳴り
  • 倦怠感、疲労感(疲れやすい)
  • 太りやすく痩せにくい
  • 痩せてくる
  • むくむようになる
  • 頭痛、頭重感
  • 冷え
  • 肩こり、腰痛、背中の痛み
  • 手足のしびれ
  • イライラ、焦燥感
  • 落ち込み、うつっぽい、不安感
  • 睡眠障害(眠れない、寝つきが悪い、目覚めるなど)
  • 意欲低下、集中力の低下

 

こんなにも自律神経が関係している更年期障害の症状があるのです。

 

ここまで心身を乱してしまう自律神経とはどのようなものなのでしょうか。

 

更年期に乱れる自律神経とはどんなもの?

更年期障害の症状のほとんどは、自律神経の乱れによるものです。

 

更年期障害は自律神経のバランスが乱れるために起こる症状が非常に多いことは上にとりあげた例だけでもわかるかと思います。
つまり、
自律神経のバランスをできるだけ上手に調整することができれば
それは更年期を楽に乗り越える方法でもあるわけです。

 

とはいえ、自律神経がどんなものなのかがわからなければ、対策のしようがありません。
自律神経について、細かく説明していきましょう。

 

自律神経は体中に張り巡らされている末梢神経

自律神経は末梢神経の1つで、内臓の働きや血管の拡張、収縮、呼吸、体温調整などをコントロールしています。

 

眠っているときでも呼吸をし、心臓が動いていること、食べたものを消化器で消化すること、緊張してドキドキしたり、寒いと急に鳥肌が立つのもすべて自律神経の働きによるものです。

 

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント

私たちは手足を自由に動かすことができますが

自律神経なしに心臓を止めたり動かしたりすることはできません。
このように自律神経は、自分の意思や努力とは関係なく働いています。
このような身体のシステムがあるので私たちは24時間365日何の支障もなく生命を維持することができているのです。

 

自律神経が整えば心身が健やかになる

自律神経の働きをバランスよく整えることで、内臓の働きが整い、私たちの心身はどんどん健康的になっていきます。
身体の調子が悪ければイライラしたり、気持ちが落ち込んだりすることも少なくなります。
こうして心身の不調が改善されると頭もスッキリとして、今まで仕事や家事に支障があったとしても向上されるようになります。

 

更年期の症状に多く見られる「疲れが取れない」「寝つきが悪い」「肩こりがひどい」といったものから、ガンの原因とまで言われているほど、自律神経のバランスの乱れは注目されているものです。
更年期障害の症状は自律神経のバランスだけが原因ではありませんが、深く関係しているのは間違いありません。

 

自律神経の働きとは

私たちの生命維持活動のコントロールをする自律神経。
その自律神経は「交感神経「と「副交感神経」との2種類の神経から構成されます。

 

この2つの神経がバランスよく機能することで良好な健康状態が維持されるのです。
ということは
2つの自律神経のバランスが乱れれば様々な不調が起きてしまう
ということにもなるのです。

 

自律神経の交感神経とは

車に例えるとアクセルの役割。
交感神経の働きが上がると体はどんどんとアクティブな状態になります。
血管がきゅうっと収縮し血圧は上昇、心身共に緊張、興奮モードになります。

 

交感神経神経の働き

  • 脳・・・興奮させる
  • 目、口・・・瞳孔が拡大、唾液が減る
  • 血管・・・収縮させる
  • 心臓・・・心拍数を増やす、血圧を上げる
  • 筋肉・・・緊張させる
  • 胃腸・・・蠕動抑制(働きを抑える)
  • 発汗・・・促す

 

自律神経の副交感神経とは

車に例えるとブレーキの役割。
副交感神経の働きが上がると、身体はどんどんとリラックス=弛緩状態となります。
血管は適度な状態で緩み血圧も低下。気持ちもゆったりと落ち着きリラックスモードになります。

 

副交感神経の働き

  • 脳・・・リラックスさせる
  • 目、口・・・瞳孔が縮小、唾液を増やす
  • 血管・・・拡張させる
  • 心臓・・・心拍数を抑え、血圧を下げる
  • 筋肉・・・ゆるめる
  • 胃腸・・・蠕動促進(働きを活発にさせる)
  • 発汗・・・抑える

 

交感神経と副交感神経をバランスよく保つことが大事

交感神経と副交感神経の関係で大切になるのがバランスです。
車の運転にたとえて説明しましたが、車の運転もアクセルとブレーキのバランスがとれていることが大切なように、自律神経も交感神経と副交感神経のバランスが正しくとれていることが重要です。

 

どちらか一方の働きに偏った状態が続けば、心身にさまざまなトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

交感神経が優位な状態が続くと

交感神経が優位が状態が続くと、常に緊張状態におかれ、心身共にへとへとに疲れ果ててしまいます。
血管が収縮するため、血の巡りが悪くなり、冷え性・便秘・肩こり・むくみなど様々な不調を引き起こす原因になってしまいます。

 

さらに、心筋梗塞などの循環器系の病気や免疫力の低下にもつながります。
また興奮してイライラしたり、怒りをコントロールできなかったりといった不安定な精神状態に陥ることもあるのです。

 

副交感神経が優位な状態が続くと

副交感神経が優位な状態が続くと、身体全体の活力が低下し、やる気が起こらずうつ気味になることがあります。

 

副交感神経は、年齢とともに下降します。
10年に15%ずつ低下するとされ、男性は20代から30代の間にかけて、女性は30代から40代の間にかけて急下降する、と言われています。

 

自律神経のバランスが崩れることで起こる症状は
これらはすべて更年期障害の症状にあてはまるもの。
では、どのようなバランスが理想的なのでしょうか。

 

交感神経と副交感神経の理想的なバランスは

交感神経と副交感神経のバランスがベストな状態は
「1.1〜1.2対1」が理想的である、といわれています。
トップアスリートや芸術家、芸能人など優れた知力、体力、パフォーマンス力を要求される分野で活躍する人たちはおおよそ、このようなバランスになっているのだそうです。
交感神経と副交感神経は、昼と夜の時間帯によっても変動し、
1日の動きで見ると、この2つの神経の働きがほぼ同じレベルでキープされ、
さらに日中は交感神経が少し優位で、夜間は副交感神経が少し優位なのがベストです。

 

ストレスは自律神経を乱す大きな要因

私たちの生活の中には自律神経のバランスを乱す様々な要素があります。
その1つがストレス。

 

ストレスを受けると交感神経が優位になり、緊張・興奮モードに切り替わります。
ストレスが多く交感神経が優位な生活が続くと、夜になっても副交感神経が優位になりにくくなり、不眠につながってしまいます。
ストレス社会に生きる以上ある程度は仕方がありませんが、放っておくと副交感神経の働きが下がる一方になります。
意識して副交感神経の働きを高めることが、心身ともに健康的に暮らすカギとなります。

 

特に、更年期の時期はさまざまなことが環境的に起こる時期でもあります。
介護問題、子供の自立・進学・就職の問題、夫との関係、仕事など
ストレスがたまりやすい時期でもある上に、自律神経が乱れるとさらにストレスを敏感に感じ取るようになってしまい、ますます不調になってしまうのです。

 

自律神経のバランスが崩れるとどうなる?

自律神経は非常にデリケートで乱れやすいものです。
生活リズムの乱れやストレス、不安やあせりといった感情の乱れや
環境の変化、加齢にともなうホルモンの変化など、さまざまな要因があります。

 

特に更年期は女性ホルモンが急激に減少しはじめ、閉経するとエストロゲンの分泌はほぼなくなるため、ホルモンの変動時期に一番、自律神経が乱れることになるのです。

 

例えば、忙しい朝は寝坊しただけでも、心にゆとりがなくなり自律神経がアンバランスになります。
また天候による変動もあります。
雨や曇りなど低気圧の影響によって、副交感神経だけでなく、交感神経の働きも低下しやすくなるのです。

 

自律神経のパターン4

自律神経のパターンを大きく分けると次の4つのタイプがあります。

 

  • 交感神経が高いストレスタイプ
  • うまく心も、身体も休めていない状態。
    不眠・不安・疲れ・冷え・肥満といった症状がみられる

  • 副交感神経が高いのんびりタイプ
  • 心や身体にエンジンがかかりにくい。
    やる気がわかない・眠気・集中力の低下・だるさなど。

  • 両方とも低いぐったりタイプ
  • 身体の働きが全体的に弱まっている。

  • 両方とも高い理想的なタイプ
  • 自律神経のバランスがベストな状態で安定している。
    不眠・便秘といった不調がなく毎日が快調

 

交感神経、副交感神経ともに同じレベルで安定しながら
日中は交感神経が少し優位で、夜間は副交感神経が少し優位の状態がベストです。
しかし、私たちに圧倒的に多いのは、交感神経が高いストレスタイプです。
一般的な人でも圧倒的にストレスタイプが多いのですから
更年期の女性にもストレスタイプが多いのは当然のこととなりますね。

 

時間に追われ慌ただしく過ごすうちに、ほぼ交感神経を上げる生活をしていることになってしまいます。
そのため心身を休めることができないのです。

 

自律神経のバランスが乱れると免疫力が低下する

交感神経が活発になると顆粒球(白血球の一種)が増え、
副交感神経が活発になるとリンパ球が増えます。

 

どちらもウイルスや細菌などの体内への侵入を防ぐものですが
自律神経のバランスが崩れると身体を傷つける存在に変わり病気にかかりやすくなってしまいます。
バランスが良い時が最も免疫力が高い状態です。

 

慢性的に自律神経が乱れ、なかなか切り替わりがうまくいかないと倦怠感や吐き気、のどの違和感、肩こり、食欲不振、不眠、不安感といった心身の不調が続きます。

 

このような症状は一般的に「自律神経失調症」というのですが、
更年期の場合には、ホルモンの変動によって起こるもの。
症状は同じものですが、一般的には「更年期障害」と呼ばれます。

 

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント心身に不調があるにも関わらず、検査をしても原因となる疾患がない場合は一般的には自律神経失調症が疑われます。

が、更年期の期間にこのような様々な不調が出る場合には更年期障害と判断されるでしょう。
ただし、更年期障害と診断される場合には血液検査を行い、確かに更年期障害によるもの、という結果が出ないとわかりません。
しかし、40代後半から50代前半に起こる心身の不調に影響を与えているものであることは間違いありません。

 

自律神経を整えることで得られるメリット

自律神経は私たちの内臓の働きなどをコントロールしている神経で、心身の不調に大きく関わっていること。
特に更年期は、自律神経失調症の一種でもあるため、
この世代の女性は常に心身に不調を抱えている、と言っても過言ではありません。

 

では、自律神経のバランスが整うと具体的にどのようなメリットを得ることができるのか。
主に以下のようなことがあげられます。

 

  • 免疫力アップ
  • 疲労回復
  • 冷え性の改善
  • ストレスの緩和
  • 質のよい睡眠
  • 不定愁訴(更年期障害)の改善

 

自律神経のバランスが良いと免疫力が上がり
病気になりにくくなります。
疲れが抜けやすくなり、肌にもつやが出てくるため、年齢より若く見られるようになったという人も。
また血行が良くなるので手足の冷えやむくみが改善され、やせやすい身体になります。
肩こりや片頭痛、倦怠感といった原因不明の不定愁訴も緩和します。

 

更年期障害の不定愁訴が改善されます

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント

更年期には副交感神経が急激に下がり始めます。

肌や髪の衰え、のぼせや倦怠感など「年だから」「更年期だから」とあきらめていませんか?
更年期でも毎日の生活の中で副交感神経を上げる努力をすると
細胞の隅々まで血液を流し、不快な症状も改善されるのです。

 

ストレスから解放されます

更年期に増えてくるストレス。
更年期は自律神経の乱れによってストレスを敏感に感じ取るようになるのですが
ストレスも自律神経を乱す原因ですから、悪循環をまねいてしまっている状態なのです。

 

しかし自律神経のバランスが整うと、ストレスから解放されるのです。

 

免疫力がアップ

免疫とは細菌やウイルスから身体を守ってくれるシステムです。
自律神経のバランスが崩れると、免疫力が低下します。
血液中の白血球が正常に働かなくなり、風邪に何度もひきやすくなります。
また免疫力が低い人はがんにもなりやすいため、自律神経のバランスを整えることが大切です。

 

質の良い睡眠が得られる

睡眠時間は長ければよい、というわけではありません。
研究によると6,7時間がベスト、とされています。
しかし6,7時間眠っても疲れが取れていない、スッキリ目覚めないという場合には
良質な睡眠が得られていない可能性があります。

 

良い睡眠はいかに副交感神経を高めるか、にかかっています。
また昼間につくられるセロトニンというホルモンにも左右されます。
自律神経のバランスを整えるためには、1日20,30分程度でよいので歩く習慣をつけることで
質の良い睡眠を得ることができます。

 

疲労感がスッキリします

副交感神経が低下すると、疲れやすくなり、判断力や決断力が鈍ります。
血管が収縮し、血液の流れが悪くなり脳や筋肉に血液がいかなくかるからなのです。
副交感神経を上げ、脳にも筋肉にも血液の流れをよくすることです。
心身共に元気になり「疲れた」「おっくうだな」「面倒だなぁ」という気持ちが消え新しいことに挑戦する意欲がわいてきます。

 

冷え性が改善される

データによると、冷え性の人の約9割は自律神経の交感神経がとても高い傾向にあることがわかっています。
特に夏でも末端の手足が冷え切っている人はその典型。
改善するためには副交感神経の働きを高め、自律神経のバランスを整えることが大切です。
寝る前に温めのお湯で半身浴をしたり、軽いストレッチをしたりなどリラックスすることを心掛けましょう。
自律神経が整うと、血行が良くなり、身体のすみずみまで血液が流れ冷え性が改善されます。

 

婦人科・更年期外来における治療方法のプラセンタ

更年期障害はエストロゲンという女性ホルモンの卵巣からの分泌低下、
停止に加え、ストレスを受けやすい性格や生活環境といった精神的、環境的要因が原因となり
自律神経に変調をきたすことで引き起こされます。
症状の重さには個人差がありますが、それは体質などのほかに精神的、環境的要因も関係しています。

 

婦人科での更年期障害の治療における基本的なプラセンタ療法は
通常のプラセンタ注射(皮下または筋肉)です。
更年期障害の緩和には、プラセンタが持つホルモンを調整する内分泌調整作用や
自律神経のバランスを調整する自律神経調整作用が役立っていると考えられます。

 

婦人科クリニックでの更年期障害の治療でプラセンタ注射を使う場合には
症状が認められる場合には健康保険が適用されます。
またサプリメントには注射剤ほどの即効性はありませんが
継続的な摂取により更年期障害の緩和効果が期待できるため、婦人科によっては注射と併用しているところもあるのです。

 

母の滴プラセンタEX

Tp200 日本メディカル研究所

キレイ・デ・プラセンタ

更年期の、特に自律神経系のホットフラッシュ・頭重感・片頭痛・睡眠障害に大きな改善力を見せてくれます。私も利用中ですが、プラセンタは更年期障害ととても相性の良い成分なのです。 >> >>母の滴プラセンタEX

更年期障害の悩みで愛飲されている方が多いサプリメントです。自律神経の不調を整え、イライラや不眠、ひどい生理痛、のぼせ、ほてり、多汗などにおすすめです。>> >>TP200

更年期障害の症状だけではなく、年齢により肌つや、たるみ、化粧のノリ、毛穴などが気になる、いわゆる肌老化、アンチエイジングに関してはピカイチではないかと思います。>> >>キレイ・デ・プラセンタ

 

>> >>更年期に効く馬プラセンタサプリメント 人気口コミランキングはこちら