プラセンタで更年期障害の改善を!更年期に効くプラセンタサプリ口コミ人気ランキング

プラセンタ注射・点滴の効果と注意点

更年期の治療からエイジングケアにプラセンタ注射が広まりつつあります。
しかし、プラセンタはまだまだ未知な部分も多く
ましてや注射や点滴、となると体内に直接摂り込むものですから
不安なこともありますよね。

 

今回はプラセンタ注射とプラセンタの点滴についての効果と注意点についてまとめてみました。

 

プラセンタ注射の効果

プラセンタ注射はサプリメントとは異なり、医薬品のため
病院でのみしか注射を受けることはできません。
プラセンタ注射の効果は更年期障害をはじめ肝機能の回復、乳汁分泌不全の緩和などに利用されています。
もともと、これらの目的のためでのみ使用されていたのですが
治療後の患者さんの免疫力の向上、アトピーの改善、肌のエイジングケアなど
さまざまな本来の目的以外の良い結果が現れ、現在ではアンチエイジング目的でも
プラセンタ注射が行われるようになりました。

 

とはいえ、プラセンタ注射を受けた人すべてが効果を感じられるのではないようで
60〜70%程度。残りの30,40%の人は効果は感じられなかった、と答えています。

 

  • 美容外科
  • シミ、しわ、くすみ、肌荒れ、乾燥、赤み、アトピー
    (新陳代謝の促進、美白作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、保湿作用、線維芽細胞活性作用によるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生産)

     

  • 婦人科
  • 更年期障害、生理痛、生理不順、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症など

     

  • 内科系
  • 肝炎、肝硬変症、慢性膵炎、糖尿病、慢性胃炎、胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、気管支喘息、慢性気管支炎、高血圧、低血圧、習慣性便秘、膠原病など

     

  • 外科系
  • 慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩など

     

  • 皮膚科
  • アトピー性皮膚炎、乾癬、わきが、湿疹、あかぎれ、シミ、ソバカスなど

     

  • 神経科
  • 自律神経失調症、不眠症など

     

  • 泌尿器科
  • 前立腺肥大、膀胱炎、痔など

     

  • 眼科
  • 白内障、アレルギー性結膜炎、視力低下など

     

  • 耳鼻咽喉科
  • アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症など

     

  • 歯科
  • 歯槽膿漏、歯周病など

     

  • その他
  • 疲労、冷え性、虚弱体質、病中病後の体力回復、強壮、強精など

 

プラセンタ注射はいくらくらい?

プラセンタ注射は、更年期障害、肝機能障害によるものは保険適用になります。
それ以外の目的で注射を行う場合には、自由診療ということになるため
保険適用外で1回2000円くらいです。
注射1本いくら、と表記している病院と1アンプル(小瓶)いくら、と表記はそれぞれです。

 

プラセンタ注射の期間

プラセンタ注射は医師が患者の症状を見ながら投与回数や投与間隔を決めていきます。
ですから、受ける方によって同じ病院でも注射を行う期間はさまざまです。
はじめの1,2か月は週に1,2回。
3か月目からは1,2週間に1回くらいが目安となりますから、通院しやすい病院を選ばないと、通院だけで大変になってしまいます。
症状によって効果を感じるタイミングは異なりますが、数回で感じる人が多いようです。
サプリメント同様、3か月は通院するようにしましょう。
*人間の身体の細胞は3か月ですべて入れ替わる、と言われているため。

 

プラセンタ注射の種類

 

 

4.プラセンタ注射の種類

 

プラセンタの注射製剤として厚生省より認可を受けているものはメルスモンとラエンネックです。現在ではこの2種類しかありません。主にメルスモンは更年期障害の回復のために、ラエンネックは肝機能の回復のために使用されます。メルスモンは1956年10月より、ラエンエックは1974年7月より販売されています。
メルスモンには1アンプル(2ml)あたり100mgのヒトプラセンタが、ラエンネックには1アンプル(2ml)あたり112mgのヒトプラセンタが含まれています。

 

5.プラセンタ注射の注意点

 

プラセンタ注射を受ける際の注意点です。

 

5-1.注意点その1|プラセンタ注射の感染症の危険性

 

プラセンタ注射はヒトの胎盤を原料としています。ですから感染症などが心配になります。
注射剤からの感染症を防ぐ対策として以下のことが実施されています。

 

健康な妊婦からの得られる胎盤のみ選別する(妊娠中のエイズ検査、肝炎検査などで陰性であるもの)
プラセンタ製造時のウイルス不活化、注射剤製造時の滅菌
医薬品メーカーでは万全を期して製造を行っていますが、ヒト胎盤を原料としていることに由来する感染の可能性を完全に否定することはできないとしています。
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等への伝播は今まで報告はありませんが、理論上の可能性を否定できないとし平成18年よりプラセンタ注射を受けた方は献血が行えなくなりました。
出典:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3259600A1020_1_04/
出典:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3259601A1024_1_10/
出典:http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0824-3.html
サプリメントなど内服によるものは問題なく献血が行えます。

 

プランセタを1回でも注射すると献血ができないって本当?
プラセンタ注射を1回でも受けると献血が行えなくなると聞きました。
本当でしょうか?
平成18年10月10日より日本赤十字では 過去にプラセンタ注射を受けたことがある人の献血は受けつけなくなりました。
なぜ献血できないのか、プラセンタ注射は安全なのかまとめてみました。

 

プラセンタ注射以外のプラセンタは献血が行える

 

まず、プランセタ注射を受けると献血が行えなくなりますが、プラセンタサプリ、プラセンタドリンクなどの健康食品は飲用しても問題なく献血を行うことができます。
これは豚、馬プラセンタの安全性が担保されており、製造も問題なく行われているからです。

 

2.プラセンタ注射で献血が行えなくなる

 

プラセンタ注射を受けると献血が行えなくなります。
プラセンタの注射製剤は国内のヒト胎盤を原料として製造されています。
厚生労働省より認可された注射製剤で更年期障害、乳汁の分泌不全、肝機能の障害において保険適用にて注射を受けることができます。
クリニックによっては美容、アンチエイジング目的にて保険適用外で注射を受けられるところもあります。
50年以上もの間安全に行われてきたプラセンタ注射ですが、平成18年10月10日より日本赤十字ではプラセンタ注射を過去に一度でも受けたことのある人からの献血を受け付けなくなりました。
なぜでしょうか?
厚生労働省では平成18年8月24日に発表した文章で、日本赤十字社はヒト胎盤エキス(プラセンタ)の注射剤を使用した人の献血を制限するとしました。
これは変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)について献血の際に血液から検査する方法が実用化されていないためです。
以前より暫定的な措置として欧州への滞在歴のある人など、vCJD伝播のリスクが否定できない場合は問診によって献血を制限してきました。
さらにこの通知にて、プラセンタ注射剤はヒト由来の臓器から製造されていることからvCJDの伝播の理論的なリスクが否定できないため、念のための措置として献血を制限するとしました。

 

厚生労働省 医薬食品局血液対策課
ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について

 

一般の献血を希望する方向けに大阪府赤十字血液センターのホームページにわかりやすく説明があります。
プラセンタ注射剤は国内では2つ認可されています。

 

メルスモン注射剤
ラエンネック注射剤

 

2-1.プラセンタ注射の安全性

 

このように聞くと、とても不安になってしまいますね。
実際のところプラセンタ注射は危険なのでしょうか?
現在のところプラセンタ注射によって変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)に感染した人はいません。
また、エイズウイルス検査、肝炎ウイルス検査を行った国内のヒト胎盤を使用していますのでそのリスクはかなり低いものです。

 

2-2.輸血、点滴はできる

 

献血が出来ないと聞くと、自分が手術などをしたときに輸血が受けられないと勘違いされる方がいますが、プラセンタ注射を受けても輸血、点滴は受けられますからご安心ください。

 

2-3.プラセンタ注射の副作用

 

プラセンタ注射にはほとんど副作用はありません。
注意しなければいけないのは、プラセンタ注射は皮下注射あるいは筋肉注射によって行うものです。点滴や静脈注射では効果が半減するばかりか、ショックのような症状が見られた例がありますから注意が必要です。

 

2-4.プラセンタサプリメントという選択

 

プラセンタ注射のリスクを怖いと感じるならばプラセンタのサプリメントを取るという方法があります。プラセンタサプリメントは豚や馬の胎盤を原料としていてウイルス、微生物の不活化が実証された工場にて製造されています。
プラセンタサプリを飲んでも献血は行うことができますから、まずはプラセンタサプリを試してみるのもいいでしょう。サプリによっては注射と同程度の効果があるものがあります。

 

5-2.注意点その2|プラセンタ注射の方法の危険性

 

プラセンタ注射を受ける際の注射の方法も注意が必要です。
プラセンタ製剤が医薬品として承認されていて安全性が高い注射方法は皮下注射、筋肉注射です。
注射剤の説明書にはメルスモンは「皮下注射」、ラエンネックは「皮下又は筋肉注射」を行うことと記載があります。ですが一部のクリニックでは静脈注射、点滴が行われています。
プラセンタ製剤は静脈、点滴による注射ではショックなどの副作用がわずかに起こる可能性があります。

 

プラセンタの注射方法
皮下注射
筋肉注射
静脈注射
点滴注射
関節腔内注射
埋没療法
プラセンタ注射の方法による効果と安全性の比較の表
2004年に日本胎盤医療研究会理事会はプラセンタの静脈注射はショック症状になる可能性があるため行わないようにと表明しています。

 

日本胎盤医療研究会理事会からのお知らせ
『日本胎盤医療研究会 会報 第 14 号』(2004 年 6 月 発行)に掲載された「理事会からのお知らせ」
出典 http://jplaa.jp/ppt/yoshida.pdf

 

まとめ

 

プラセンタ注射について効果と注意点をまとめました。プラセンタ注射の効果とリスクを知ることができましたので、両方を比較して判断してください。また説明を十分行ってくれる信頼できる医師のもとで治療を受けるようにしましょう。

 

プラセンタの点滴は注意が必要

 

プラセンタの点滴を行うクリニックがありますが、本来プラセンタ注射は皮下注射、筋肉注射のみが認可されており、血管内に投与する点滴、静脈注射は未認可の療法です。
詳しく見ていきましょう。
プラセンタ点滴とは

 

まずプラセンタ点滴とはどのようなものでしょうか。
プラセンタ点滴とはヒトプラセンタ注射剤を点滴にて血管内に直接投与する療法です。
一部のクリニックで受けることができます。
歴史からみると、本来プラセンタ注射は埋没法といってプラセンタの組織を患者さんの皮膚内に直接埋め込む療法から進展したものです。
皮下にプラセンタ組織を埋め込むのは効果が高いのですが、患者さんへの負担が大きいので簡易にできるプラセンタエキスの注射剤が開発されたのです。
ですからプラセンタ注射は皮下注射、筋肉注射にて最大限の効果が得られるように作られています。血管に直接注射剤の入る静脈注射や点滴は効果が薄まります。
それでもクリニックによってはカクテル注射といってビタミン剤とプラセンタを合わせたものを点滴しているところもあります。

 

2.プラセンタ点滴の注意点

 

プラセンタ注射剤は現在2種類が認可されています。

 

ラエンネック 対象:慢性の肝機能障害
メルスモン  対象:更年期障害、乳汁分泌不全
それぞれの添付文章にはメルスモンは「皮下注射する」、ラエンネックは「皮下又は筋肉内に注射する」とあります。
さらにラエンネックの文献集には「本剤は静脈内注射をしないこと」と書かれています。

 

ラエンネック文献集
ラエンネック 文献集IIより
出典:http://jplaa.jp/ppt/yoshida03.pdf

 

プラセンタの成分が皮下や筋肉に長時間とどまることでプラセンタ本来の効果が発揮されますので、薬効成分がすぐに体外に排出されてしまう静脈注射は効果が薄くなります。
ビタミン剤や栄養剤とは位置づけが違うのです。
仮に静脈注射などで事故が起こった場合は副作用救済の対象にならずに医師の責任となるという注意文書を日本胎盤医療研究会理事会が発表しています。

 

日本胎盤医療研究会理事会からのお知らせ
日本胎盤医療研究会理事会
日本胎盤医療研究会 会報 第 14 号』(2004 年 6 月 発行)に掲載された「理事会からのお知らせ」

 

仮に医療事故が起こっても医薬品副作用被害救済制度になりませんから注意が必要です。

 

3.プラセンタ注射の効果

 

プラセンタ注射自体は効果の高い注射製剤で安全性も認められています。
プラセンタ注射の効果と2つの注意点にまとめてありますのでご覧ください。

 

4.プラセンタサプリという選択

 

注射や点滴には不安があるという方はプラセンタサプリメントという選択があります。
プラセンタサプリメントはプラセンタ注射のヒト胎盤とは違い、豚や馬の胎盤を原料としています。まずはサプリメントから始めるというのもいいでしょう。プラセンタ注射と同様の効果のあるサプリメントもあります。