もしかしてこの胸のドキドキ・動悸も更年期?動悸にもプラセンタ|更年期に効くプラセンタとは

もしかしてこの胸のドキドキ・動悸も更年期?動悸にもプラセンタをどうぞ!

激しい動きや運動をしていないのに、動悸や息切れが起こると不安になりますよね。
動悸や息切れが起こる原因として、日頃の運動不足や加齢によるものだけでなく、更年期障害によって起きる場合もあります。

 

更年期障害でも動悸、胸のドキドキは起こります
更年期障害の症状として起こる動悸や息切れは、安静時でも関わらず動悸があったり、
思ったように呼吸ができなくなったりするものです。

 

この更年期の動悸は心臓や呼吸をコントロールする働きを担う自律神経が女性ホルモンの分泌量の減少から、乱れてしまうことが大きな原因となっています。
さらに、加えて、更年期にはストレスが通常よりもたまりやすくなるのですが、更年期の症状に対してもストレスを感じます。
このストレスが自律神経をさらに狂わせてしまうのです。

息切れ、めまいなどが起こる病気とは

動悸や息切れ・めまいといった症状が起きた場合、すぐに更年期と決めつけずに病気の可能性も疑いましょう。
貧血がある場合にも動悸や息切れ、めまいという症状は起こりやすくなります。
また、女性に多いと言われるバセドウ病も卵巣ホルモンの分泌量がすくなくなると起こりやすくなります。
このバセドウ病も動悸は特徴的です。

 

更年期から起こる動悸・息切れ・めまいとは

前述したとおり、更年期の動悸や息切れ、めまいは自律神経の乱れから起こるものです。
心臓が急にドキドキしたり、不整脈になったり。
時には不安なこともないのに、息苦しくなって、パニック障害のようになることも。

 

私は寝入りばなによく起こるのですが、急に症状が始まり、
自分では抑えきれない症状が起こるため
それだけでも不安になります。
心臓がドキドキする、止まらない
急に熱くなる
急に寒くなる
急に汗をかく(ホットフラッシュ)
不整脈になる
下痢と便秘が続く
めまいがする
立ちくらみがする
食欲が無くなる
食事が楽しめず、気持ちが落ち込む

 

動悸・息切れになった時の対処方法

更年期の女性ホルモンの減少から起こる自律神経の乱れが原因で
動悸や息切れが起こる場合には、
以下の対策方法があります。

ホルモン補充療法

更年期に起こる様々な症状は女性ホルモンの減少スピードが急激なことで起こります。
ですから、急激に減少せず、ゆったりと減少している方は症状も、さほどひどくないようです。

 

更年期の症状がひどい方は女性ホルモンが急激に減少している、ということからひどくなるため
女性ホルモンを補充してあげることで減少スピードを緩和し、更年期の症状を緩和しよう、という治療方法です。

 

パッチ型や飲み薬などがありますが、いずれも、婦人科などの医師の診察を受け処方してもらうことが大切です。
ネット通販などでも購入することもできますが、その人その人に合ったホルモン剤や投入方法があるため
医師に診断を受け処方してもらうことが大切です。

漢方薬の利用

漢方薬と更年期の症状は非常に相性が良い、といわれています。
更年期障害で婦人科を受診すると、漢方薬かホルモン補充療法を薦められることも多く、
ホルモン補充療法を使うほど、ホルモン値が下がっていない場合には、漢方薬を薦められることが多いようです。

 

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)が動悸には効きますが、漢方薬の場合には即効性はないため、徐々に治まることを待つ形になります。

プラセンタサプリの利用

自律神経の乱れは更年期による女性ホルモンの分泌量の低下が原因です。
プラセンタは自然のものなので、副作用はありません。

 

当サイトがお薦めしている母の滴プラセンタEXは管理人も利用していますが、体内のホルモン量を調整する作用(内分泌調整作用)は、自律神経調整作用があります。
体内の不調部分を回復させようとする働きがあるプラセンタなので、加齢から機能低下した卵巣を回復させようとする働きもあります。

 

私が母の滴プラセンタEXを飲むきっかけとなったのは「頭重感」「集中力の低下」からなのですが
寝起きがスッキリして目が覚めることや、肌のつやなどをも実感しています。
(60粒×250mg 4,5000円)

 

動悸で医療機関を受診すると、精神安定剤(抗不安剤)や漢方を処方されることもあります。
精神安定剤は、動悸などは治まるものの、1日ボーっとするといった副作用が出る方も少なくありません。
更年期の諸症状の主な原因は自律神経の乱れですから、
自律神経の乱れを整える働きのあるプラセンタは非常に有効です。
それ以外にもエクオールサプリメントなどにも注目が集まっていますので、試してみてもよいでしょう。

動悸や息切れ。
特に寝ているときの動悸は更年期時期には多いようです。

 

心筋梗塞などが気になるようであれば、即医師に受診するようにしてください。
私は医師に相談しましたが、逆流性食道炎も同じような動悸などがあるようです。

 

更年期はさまざまな症状が起こりますが、初期のうちであれば
プラセンタをぜひ、お試しくださいね。