更年期のイライラ・怒りっぽさも自律神経のバランスの乱れはプラセンタで解決|プラセンタで更年期障害の改善を!更年期に効くプラセンタサプリ口コミ人気ランキング

更年期のイライラ・怒りっぽさも自律神経のバランスの乱れはプラセンタで解決

感情が上手にコントロールできずイライラ・・・
以前はどちらかというと温厚だったのに、常にイライラカリカリ・・・
周りの人にもあたってしまって自己嫌悪・・・

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

 

更年期のイライラは生理前のPMSのイライラと非常によく似ています。
どちらも共通しているのが「女性ホルモンのバランスが崩れて招く自律神経の乱れ」によるもの、ということ。

 

生理前だけならばまだしも、40代半ばを過ぎてくると、そのイライラは
生理関係なく、イライラ常にしてしまうようになります。

 

更年期には多種多様な症状かつ、個人差も大きいため、周囲に同世代の女性がいても
理解してもらえないこともあったりして、自分自身も自分の感情を持て余し
どうしていいかわからない。という方も多いようです。

 

更年期のイライラ 自律神経調整作用に期待できるプラセンタで対処

プラセンタにはホルモンバランスを整える内分泌調整作用と、自律神経の調整作用があります。

 

更年期のイライラは女性ホルモンの減少、それに伴う自律神経の乱れによって
引き起こされているものなので、プラセンタサプリメントを摂ることは、非常に有効です。

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

近年はプラセンタ注射が婦人科での更年期障害の治療や、美容クリニックなどでも利用されています。

医療で使われるプラセンタ注射は人の胎盤由来のものなので、
利用する際には献血ができなくなることを理解した上で利用することとなります。
保険適用もあり、1回1000円〜2000円程度で1週間(多いところでは3日に1度)〜10日に一度通院しなければなりません。

 

プラセンタサプリメントは副作用もなく、安心して飲むことができます。
医療機関によってはプラセンタサプリメントの処方もされる場合もあります。
その場合に処方されるプラセンタと当サイトがオススメしている母の滴プラセンタEXは
同等の効果が期待できます。

 

更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

サプリの良いところは、

副作用が少なく気軽に試せること、
通院の必要がないため忙しい方や体調が悪い方にとっても便利という部分でしょう。
しかし、サプリは飲んで翌日即効果が表れるということはありません。
逆にそこまで効くサプリはちょっと怖いですよね。
人間の体の細胞は3か月で生まれ変わるといわれていますから、サプリは同じサプリを3か月は継続し様子を見てくださいね。

 

プラセンタ原末量の多いプラセンタサプリメントを摂ることでプラセンタ注射に匹敵する効果を得ることができます。
その際には1日500mg以上の原末含有量のプラセンタを選ぶようにしてください。

 

定番はコレ≫≫母の滴プラセンタEXについての私の口コミと詳細はこちらから

 

母の滴プラセンタEX

Tp200 日本メディカル研究所

キレイ・デ・プラセンタ

更年期の、特に自律神経系のホットフラッシュ・頭重感・片頭痛・睡眠障害に大きな改善力を見せてくれます。私も利用中ですが、プラセンタは更年期障害ととても相性の良い成分なのです。 >> >>母の滴プラセンタEX

更年期障害の悩みで愛飲されている方が多いサプリメントです。自律神経の不調を整え、イライラや不眠、ひどい生理痛、のぼせ、ほてり、多汗などにおすすめです。>> >>TP200

更年期障害の症状だけではなく、年齢により肌つや、たるみ、化粧のノリ、毛穴などが気になる、いわゆる肌老化、アンチエイジングに関してはピカイチではないかと思います。>> >>キレイ・デ・プラセンタ

>> >>更年期に効く馬プラセンタサプリメント 人気口コミランキングはこちら

 

更年期になるとイライラすることが増えるのはなぜ?

更年期には女性ホルモンのエストロゲンが激減、閉経後にはほとんど分泌されなくなる、と言われています。

  • エストロゲンが減少して、起こる症状
  • エストロゲンが減少して、自律神経が乱れることから起こる症状
  • この2点が更年期の不定愁訴と呼ばれる症状です。

     

    更年期にイライラしてしまう、イライラした自分の感情を持て余し、クヨクヨと自己嫌悪に陥る。
    精神バランスが乱れてしまい、とても疲れますよね。
    このイライラも、クヨクヨもエストロゲンが減少して、自律神経も乱れることから起こる症状です。

     

    更年期障害の症状が体に出る症状ならば、まだ周囲の人も理解を示してくれるかもしれませんが
    イライラなどの精神症状は周囲の人には非常に理解を得られにくいものです。
    だからこそ厄介で、時には孤独感まで感じてしまうこともあるでしょう。

     

    わけもないのにイライラする理由はホルモンバランスが乱れている証拠です

    更年期は閉経を挟んだ前後約10年間といわれています。
    閉経年齢は人によって差があり、日本人の平均閉経年齢は50.5歳、といわれています。

     

    ですから、およそ45歳から55歳と覚えておけばよいでしょう。
    近年では、若年性更年期障害になる女性も多く、また、女性ホルモンの減少スピードも
    個人差が非常に大きいため、更年期障害の症状が重い人もいれば軽い人もいる、ということもあるのです。

     

    更年期は卵巣機能が加齢によって低下し、エストロゲンを卵巣が満足に分泌できないようになります。
    卵巣に女性ホルモンの分泌を指令している脳の視床下部からは
    分泌を指令するための性腺刺激ホルモンが分泌されます。
    しかし、このホルモンをいくら分泌しても卵巣は機能が低下しているわけですから
    なかなか命令通りに分泌することはできません。
    なかなか分泌されないため、さらに性腺刺激ホルモンを分泌します。
    このようなことから、脳の視床下部は混乱し始めます。
    脳の視床下部は自律神経の調整バランスをも担う部位なので、この混乱は自律神経に影響が及ぼされてしまうのです。

     

    更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

     

    女性ホルモンのエストロゲンは非常に様々な働きをしていて
    分泌量の減少から、その働きも低下してしまうのです。
    この2つの要素が複雑かつ大きく絡み合い更年期障害となって症状として現れるのです。

     

    更年期,サプリメント,口コミ,ランキング前述したように、更年期にはどうしても心身に変調をきたしてしまうため、

    意味もなくイライラしてしまったり、 すぐ怒ってしまう、イライラして集中できない…それは、あなたのせいではなく、あくまで更年期障害の症状の一つなのです。

     

    イライラなど心の症状は周囲からの誤解を生じてしまいがちですが、
    「更年期障害ならば仕方がない」
    と割り切り一日も早く正しい対策方法を行い、イライラの毎日から脱出しましょう。

     

    更年期の自律神経のバランスの乱れは感情のコントロールも
    難しくしてしまうのですが、その理由は自律神経の交感神経にあります。

     

    更年期のイライラ 交感神経が優位になることが多くなるから

    自律神経とは、自分の感情でどうにかコントロールできるものではなく
    無意識に働いている神経です。
    例えば、腕を動かす、歩くということは意識して行うものですが、
    自律神経は、内臓の疲れを修復したり、自分では緊張するな!と思っていても
    緊張したり・・・。
    それが自律神経です。

     

    更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

    交感神経は、日中動いている間に優位に立っている神経で、交感神経が活性化しないと

    日中動くことができなくなってしまいます。
    が、交感神経が過度に働きすぎると、緊張、イライラ、ストレスの状態になりやすくなってしまいます。
    そのためにリラックス神経である副交感神経も必要なわけです。
    通常は、2つの自律神経がバランスよく働いているのですが、
    更年期になり、自律神経のバランスが乱れると、交感神経が優位になることが増え
    緊張状態が続くことになるため、非常に敏感になってしまう、というわけです。

     

    これが、どんなことを意味するか、というと
    何か小さなきっかけなのに、すぐに感情が昂ぶり自分を抑えられなくなったりし
    イライラすることが増えるのです。

     

    自律神経のバランスが崩れたままになると 今度はうつっぽくなる

    更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

    イライラすることが増えてくると、自分でも「なんでこんなに毎日イライラするんだろう」と思うようになります。

    そのまま、何ら対処、対策をしないと、子供や友人など身近な人にそのイライラをぶつけるように。
    ぶつけたあとには、怒りっぽくなる自分がイヤでイヤでたまらないという状態になり落ち込むようになります。
    これは、そのまま更年期のうつにつながる感情でもあるため、精神のバランスを
    なんとか取るような対策をしなければなりません。

     

    更年期のイライラとPMSのイライラ

    更年期だけに限らず、誰でも機嫌の悪い時はイライラするし
    嫌なことがあれば、小さいことでも怒りっぽくなります。
    しかし、いつまで経ってもイライラが治まらない、1日中イライラしている、
    というときには何かしらの原因があります。

     

    更年期に意外と急増しているのがPMS。
    閉経していれば、PMSの問題はなくなりますが、生理が来ている間はPMSが出てくることもあります。
    PMSは月経前にイライラや頭痛、落ち着かない感じ、うつっぽくなる、涙もろくなる
    など更年期障害のような症状が出てくるもので、月経前症候群と呼ばれています。
    生理の2週間くらい前から基礎体温が高くなります。
    この時期を黄体期といい、黄体期には黄体ホルモンの分泌が活発化し
    ホルモンバランスが崩れて、体調不良やイライラなどの症状が出るようになるのです。

     

    更年期の症状によく似ていますよね。
    女性ホルモンのバランスが崩れることで起こるイライラなどを含め、
    更年期障害とPMSは特徴が非常によく似て当然と言えば当然かもしれません。
    ただ、PMSだったら生理が来れば治まりますが
    更年期の場合には、生理が来ても治まりません。

     

    更年期にイライラしてしまうそうなタイプ

    更年期,サプリ,口コミ,プラセンタ

    • 生理周期が不安定
    • 生理前に胸やお腹が張る
    • 生理前にイライラしやすく頭痛や目の痛みを伴うことがある
    • ストレスがたまりがちな生活を送っている
    • たまったストレスの解消方法がない
    • 多忙でいつも気が張り詰めている
    • 自分が思っている通りに物事が進まないとイライラする
    • 怒った後で激しく落ち込むなど精神的に不安定
    • 目の奥が痛くなる(眼底痛)や頭痛、肩こり、めまい、耳鳴りを感じる
    • 血圧が不安定
    • 便秘と下痢を繰り返す
    • ストレスがたまると肝機能が低下する

    ストレスがたまっているときの胃はものすごく変形していることご存じですか?
    常日頃からストレスが多い、ストレスがたまりやすい という生活を送っているとこのような症状が起こりやすくなります。
    「病は気から」ということわざがありますが、ストレスは体に大きな負担を与えます。

     

    この症状は東洋医学で「肝」という臓器と深い関わりがあります。肝は字の通り、肝臓や自律神経の働きに加わり気の巡りをコントロールしながら精神を安定させる働きをします。
    しかしながら、ストレスが貯まりすぎてしまうと肝の機能低下を招いてしまいます。
    すると気の巡りが滞り、イライラしたり興奮しやすくなってしまうのです。

     

    更年期の年代より前のプレ更年期と呼ばれる年代のうちからイライラしてしまっているタイプの人は、放っておくとますます怒りっぽくなるだけではなく、ほてり・のぼせ・発汗・激しい頭痛・耳鳴り・めまいといった症状が更年期に一気にきてしまうおそれがあります。

     

    更年期のイライラの対策

    更年期障害によるイライラだな、、
    と感じたら、以下の対処法を検討してみましょう。

     

    プラセンタサプリによるイライラ対策

    前述しましたが、プラセンタには自律神経調整作用に優れています。
    過剰なものは減らし、足りないものは補うように働きかける作用があるため
    更年期障害の諸症状に対しても大きく効果が期待できます。

     

    プラセンタには体内のホルモンバランスを調整する作用があります。
    加えて自律神経を整える作用もあるため、ホルモンの分泌の変化と自律神経のバランス調整を優れたバランス能力でサポートすることで、心身に起こる不調を緩和するのです。

     

    更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

    プラセンタ注射の場合にはヒトの胎盤を利用して作られたプラセンタセキスが注射で行われるため、

    感染症などのリスクを考え献血することができなくなります。
    献血は別にしないし、と考えられるかもしれませんが、
    逆を言えば、献血ができなくなるほど感染症のリスクは否めないということにもなります。
    また、献血ができないということは輸血もできないということになります。

     

    近年ではプラセンタ注射をする婦人科・クリニックも増えてきているため、
    薬剤として使用されるメルスモン注射の不足も懸念されています。
    プラセンタ注射とプラセンタサプリメント。
    どちらも効果に差はありませんから、通院することなどを考え手軽にプラセンタを摂りたいのであれば、プラセンタサプリメントをおすすめします。

     

    老若男女、誰にでも起こる「更年期障害」。
    プラセンタを上手く活用することで、更年期障害の予防や、症状の緩和・改善に期待がもてるはずです。

     

    産婦人科や更年期専門外来でホルモン治療を受ける

    更年期障害の治療を病院で受ける場合には、婦人科が代表的。
    近年は更年期外来を設けている病院もたくさんありますね。

     

    婦人科などで、更年期障害かどうかを調べるためには、血液検査によってホルモン値を計測します。
    検査によって、更年期障害であることがわかれば、医師と相談の上、
    ホルモン補充療法などの治療が開始されます。
    *その他、漢方薬が処方されたり、医師によってはプラセンタ注射が行われることがあります。

     

    ホルモン補充療法の投与方法は、飲み薬、貼薬、塗り薬の3種類があります。
    ホルモン補充療法の大きなメリットは、更年期障害だけではなく
    骨密度の減少から起こる骨粗しょう症予防や認知症予防にもなるという効果が報告されています。

     

    精神面が主として症状が出ている場合には、抗不安薬などが処方されることもあります。

     

    しかし、薬を使う以上は副作用に対する理解も必要。
    ホルモン補充療法の場合には、更年期障害の症状がひどくて利用を開始したのに
    副作用で嘔吐や下痢などが起こることもあります。

     

    ホルモン補充療法を行うと不正出血があることもありますが、これはホルモン剤の休薬期間に
    出血が起きるもので、閉経している方でも出血はあるようです。
    しかし、数か月すれば不正出血も治まるとされています。
    そのため記録を付け医師に見せることも必要不可欠となります。

     

    漢方薬での更年期のイライラを改善

    更年期のイライラには漢方は長く飲み続けることで効果を発揮します。
    漢方でいうところのイライラは気滞です。気が滞るということですね。

     

    加味逍遥散:イライラ+情緒不安定の対策に
    半夏厚朴湯:うつうつとして喉につかえるような感じの改善に
    抑肝散:同じ

     

    アロマセラピーの利用

    更年期症状によってイライラしてしまうけれど、病院に行くほどではないかな?
    という場合には、アロマセラピーを積極的に利用してみましょう。

     

    イライラした気持ち、精神の安定にアロマセラピーはとても効果的。
    現在はアロマセラピーの専門店やエステサロンでも利用されているほどですから、
    女性の支持も高いことを現していますよね。

     

    アロマセラピーは自宅でも簡単にできますから、イライラが続くのであれば試してみる価値はアリ。
    アロマを数滴、お風呂に入るときに湯船に落としてもよいですし、
    アロマ用の加湿器を使うのもOK。今たくさん販売されていますよね。
    昼間はハンカチなどにアロマを数滴落として、気持ちが不安定になったら、それを嗅ぐのもアリ。

     

    イライラ改善効果のあるアロマは「クラリセージ」「ゼラニウム」「カモミール」など。

     

    イライラを発散、解消できる趣味を持つ

    突然ですが、何かに集中できたり、気分転換のできる趣味はありますか?

     

    趣味を持つことで、外出することが増えるだけでも気分転換になりますよね。
    私のオススメはスポーツです。
    「運動は苦手・・・」と思う方もいるでしょう。大丈夫!私も運動は苦手です。
    でも運動はイライラはストレスの解消にかなり、いえ、とても効果的!
    何しろ運動をしている間はイライラしていたことも、イライラした出来事も忘れてしまいます。
    体を動かすことでリフレッシュし、気が付いたら気持ちがスッキリしていた、ということもしょっちゅうです。
    何より、気持ちの良い汗は爽快な気分にもなりますよ。

     

    食生活の注意点
    ストレスから肝機能低下を招きストレス過多になっている場合があります。
    まずは食事を軽くすることを意識してみてください。それだけでイライラが減ることも。
    亜鉛や発芽米玄米、かぼちゃ、玉ねぎ、かぶなどを積極的によるようにしましょう。

     

    イライラは軽い運動やストレスを解消する趣味を見つけておくことが大切です。
    また、入浴時にアロマを利用してみると、とても効果的です。
    ベルガモットやジャスミン、ゼラニウムは鎮静作用があります。

     

    更年期,サプリメント,口コミ,ランキング

    更年期=ヒステリー みたいなイメージはこの精神面での症状だけが広く一人歩きしてしまった結果なんですよね。

    「ほら、あの先生、絶対更年期だよ!」
    「あのお局さん・・・イライラして怒ってばっかり・・・絶対更年期だ」
    「うちのお母さん、イライラして怒りっぽくなったかなと思うとなんだかすぐ泣き出すし、更年期なの?」

     

    という周囲の声。
    これも結構つらいですよね。

     

    更年期障害のイライラ、落ち込みの精神面での不調は周囲の協力が大事

     

    不安定な精神状態は周囲との軋轢を生じてしまうことが、更年期にはよくあります。
    それがますます精神状態を悪化させてしまうこともあるため
    できれば家族の方には協力を求めましょう。

     

    男性にはなかなか理解されないものかもしれませんが
    精神的に不安定な症状がみられた場合にはよく話しあい、理解してもらえるようにしてみましょう。