更年期の関節痛にもプラセンタは効果が期待できる

更年期の関節痛にもプラセンタは有効

更年期には関節痛や腰痛・肩こりや手足の小さな関節のこわばりといった症状が起こることがあります。
このような症状は更年期によるエストロゲンの減少と加齢が大きく影響しています。
エストロゲンの減少は関節を支える軟骨や筋肉が衰えることをまねくとともに血行不良も招きます。

 

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント

 

更年期と言われる40代〜50代前半以降、手や足首、ひざといった小さな関節がこわばる・しびれる・痛みが起こるという症状が出たという女性は急増します。

 

その関節痛にもプラセンタは有効だと言われています。ここではプラセンタが関節痛に与える効果について、ご紹介しましょう。

 

 

プラセンタの抗炎症作用が痛みを抑え緩和する

プラセンタは、抗炎症作用が痛みに有効的に働き痛みを抑えてくれ、
鎮痛剤のような一過性のものではなく壊れた組織を修復し成果をあげる優れた成分です。

 

加齢に伴うこれらの疾病の予防もでき、毛細血管の血流も良くする血行促進作用も持っています。

 

プラセンタの効果は、原因であるものを取り除き効果を最大限に発揮してくれます。

 

エストロゲンの減少から関節痛に

エストロゲンには骨密度を正常に維持する働きがあります。(それ以外にも女性をサポートする力がエストロゲンには山ほどあります)
更年期以降の女性に非常に多い骨粗しょう症は閉経以降に急増する、その理由はエストロゲンの分泌量の減少によるものです。

 

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント

手足のしびれも同様に、関節を支える筋肉や軟骨が弱ってしまうことが原因で起こります。

更年期以降は血行不良が起こることが非常に多く、神経が刺激されてしまい関節痛や手足のこわばり、しびれなどが起こります。

 

しびれや痛み、こわばりは最初のうちはしびれるような痛みですが、症状が緩和しないまま進行してしまった場合には、はっきりとした痛みを感じてしまうようになるのです。
はっきりとした痛みばかりではなく、手が動かしにくくなってしまったり
力が入らなくなってしまうといった症状にまで進行してしまうこともあるのです。
さらに股関節やひざ、腰と大きな関節にも痛みを感じる人も多くなります。

 

このような痛みは更年期が原因から起きているものなのか
リウマチや膠原病など関節痛が起こる病気なのか、
あまりにも痛みやしびれがひどい場合には我慢せず、病院に受診するようにしてください。

 

高齢者にも有効なプラセンタ

余談ですが、私の母は更年期以降にひざ痛、腰痛から坐骨神経痛が起こり、原因は脊柱管狭窄症から起きているとわかりましたが、同時に骨粗しょう症も併発しています。ある日、ひざ痛があまりにもひどく祝日だったため、痛みを我慢しすぎて気絶し救急車で運ばれる、という事態が起こりました。
医師曰く「自律神経が乱れて気を失ってしまったのだと考えられます。痛みは我慢せず痛み止めを飲むように。閉経以降はこのようなことも増えてくるのと同時に自律神経のバランスが崩れやすくなるので自律神経が乱れないようにストレスなどをためないように」
と言われたそうです。
そんな母も現在、母の滴プラセンタEXを飲んでいます。

 

更年期以降によくみられる関節周りの症状

更年期以降には以下のような症状がよく起こるようになります。

更年期,サプリ,口コミ,プラセンタ

・関節が朝起きると バキバキとしてこわばっている感じのことがよくある
・かかとが痛む・・・かかとをぶつけたわけでもないのに、歩こうとすると痛みを感じる
・手に力が入りづらい・・・更年期だけではない場合もあります
・手首の痛みがなかなか治らない
・手先がしびれる
・足の甲が痛み靴が履きづらい

 

変形性関節炎

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント

変形性関節炎は関節の変形から炎症を起こしてしまう病気です。

これが厄介なことに、ある程度悪化しないと痛みが出てこないため
痛みが出てきた時には、軟骨がすり減ったり、変形していることが多く
そのために痛みが感じるようになってしまうことが特徴のようです。

 

私の知人にも、更年期になり、閉経後ひざが痛むようになり
やはり軟骨がすり減っている状態なのだそうです。

 

関節の痛みにはプラセンタの抗炎症作用が、緩和に努めます。
また、プラセンタには創傷回復促進作用があるため、壊れてしまった組織を修復することにも働きます。
活性酸素の除去作用もプラセンタにはあるため、組織の老化を防ぎ、変形性関節炎の予防と改善にも役立つことが期待されます。

 

慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチは自己免疫疾患の1つ。
手や手首、肘などの関節が炎症を起こし腫れてしまう病気です。

 

自己免疫疾患は病原菌や有害物質などの異物が
体内に入ると抗体を作り退治しようとします。
このメカニズムは「抗原抗体反応」と呼ばれているのですが、免疫システムが過剰に反応しすぎると逆に体を害を与えるようになってしまいます。

 

リウマチは体内のたんぱく質と結合し、アレルギー反応を起こすと抗体ができるため
治りにくく慢性化しやすくなってしまうと言われています。
そのため慢性関節リウマチの治療には免疫抑制剤を使うことがあります。
しかし免疫抑制剤は他の病気に対する抵抗力も奪ってしまうことがあることも懸念されます。

 

プラセンタは免疫調整作用や免疫賦活作用(活力を与え、物質の機能・作用を活発化すること)を
持っているため免疫力が低下しそうになった時に、正常に保つ作用を行います。

 

またプラセンタはアレルギーに対しても、近年注目されており、
体質改善作用があることから、慢性関節リウマチの発症原因から改善します。

 

テニス肘

更年期,テニス肘

管理人は50歳ちょうどの更年期真っただ中です。そんな管理人もテニス肘になりました。今まで15年間、同じスポーツをずーっと習っているのですが、そのスポーツの練習中にテニス肘になってしまったのです。

15年間やってきて、初めてのことでした。
また、犬の散歩中にリードを急に犬に引っ張られてテニス肘になった友人(53歳)や、調理系の仕事をしているため、どうしても腕を酷使しがちな中、やはりテニス肘となりました。テニス肘とは、正式名称は上腕骨内側上顆炎といいます。 テニスをやらない人でも、右の図の赤い部分を傷めると、テニス肘という診断がされます。
一度、炎症を起こすと痛みは1か月から長くて半年以上かかるようですから、気を付けましょう。

 

 

更年期に起こりやすい三大神経痛を改善

三大神経痛と呼ばれているものがあります。
「坐骨神経痛・三叉神経痛・肋間神経痛」
がその3つ。

 

  • 坐骨神経痛
  • お尻から大腿後側面やふくらはぎにかけて痛みが出ます。
    冷えたとき、立ち仕事を連続でしたときなどに痛みが起こりやすく
    私は、足の甲まで麻痺している状態になりました。
    母も坐骨神経痛がありますが、私の周りの更年期世代はほぼ坐骨神経痛持ちです。
    非常に女性に発症しやすいもの、ととらえたほうがよいでしょう。

     

  • 三叉神経痛
  • こめかみから目、頬、口にかけて痛みが出ます。
    これは夫が経験していますが、最初はなんでこんな箇所が痛むのかわからず
    眼科医にいきました。
    眼科でも三叉神経痛という診断を受けることはできたので、お薬を処方されて全快しました。

     

  • 肋間神経痛
  • 肋骨の下縁の裏側の痛み。
    私は何度も経験していますが、呼吸するときにズキーーーンと痛むため
    最初は心筋梗塞かと思いました。
    が、姿勢によって全く痛くない時、痛い時があって
    しばらく安静にするしかない状態でした。

 

更年期,眠れない,眠くてたまらない,目が覚める,睡眠,サプリメント

このような体の様々な痛みは、血管や骨などに圧迫され

何らかの原因から変形することで神経も圧迫されて起こります。
坐骨神経痛は脊椎版が飛び出て神経を圧迫
三叉神経痛は顔の動脈の弾力が失われ硬くなり神経を圧迫し痛みが現れるのです。

 

骨の変形は、更年期以降に減少してしまう骨量や
筋肉が弱くて骨を支えきれないことも原因です。
プラセンタは骨密度や筋肉強化に関係のある内分泌調整作用と基礎代謝を上げる作用があるため更年期以降の女性には非常におすすめなのです。

 

神経痛の薬は神経を鈍くしてしまう薬などがありますが
痛みが鈍くなるだけではなく、その他の感覚まで鈍ってしまう弱点もあります。
その点、プラセンタは抗炎症作用や疲労回復効果・血液の循環を良くする血行促進効果があるため、自然治癒力を高める効果も得られるのです。

 

効果的な更年期の手足のしびれ・関節痛緩和方法

このような症状は以下の対策方法で対処することは非常に有効です。

 

ホルモン補充療法

更年期障害の治療方法の緩和として、ホルモン補充療法は非常に有効です。
婦人科でホルモン値を血液検査にて調べ、更年期に入っているかどうか調べることで
更年期かどうか、が分かります。

 

わかった後で医師と相談ののち、更年期症状の緩和改善をするかどうかが決まりますが
現在ではほとんどの場合ホルモン補充療法が薦められることでしょう。

 

ホルモン補充療法は更年期による症状が日常生活を送るのもつらい
といった場合に勧められ、そんなにひどくはないが、つらといえばつらいという程度であれば
漢方薬を薦められることと思います。

 

ホルモン補充療法を行うことで、更年期に悩まされる症状は緩和されますが
体質によっては吐き気、めまいを起こしてしまう方も多く、結局、ひどかった症状は治まったけれど
副作用に悩まされる、ということも少なくありません。

 

通院が面倒という方にも不向きです。

 

漢方薬での治療

更年期障害の症状において漢方薬は非常に相性が良く、関節痛は漢方の世界では「血虚」という症状にあてはまります。
漢方薬は通常は3か月から半年間は飲み続けることで緩和・改善される、と言われています。

 

疎経活血湯:下半身の関節痛に
当帰四逆湯:ひえで関節が痛む場合に。
当帰建中湯:血流を良くする場合に。

 

プラセンタサプリメントで更年期の関節痛・手足のしびれ・こわばりを改善

更年期の症状以外に関節痛が出ている場合には、女性ホルモンの減少によることが原因である、と考えられます。
プラセンタには体内の女性ホルモン量を調整する内分泌調整作用や自律神経調整作用があります。
更年期に不足する女性ホルモンを増やすためにプラセンタが内分泌調整作用として働き、自律神経の調整作用も行います。

 

つまり
更年期に不足する女性ホルモンを増やすために働き、自律神経の乱れから起こる
関節痛や血行不良にも自律神経調整作用が働き、更年期の女性の体を元気にする効果を見込めることができます。

 

まず、最低1ヶ月〜2ヶ月間試してみてください。

更年期,関節痛,プラセンタ

当サイトのオススメは母の滴プラセンタEXです。

馬プラセンタの中でもコスパはダントツ。(60粒×250mg,30日分 4,500円、コスパNo.1)
また原末量の含有もこのコスパで馬プラセンタの中ではなかなかありません。
母の滴プラセンタEXについての私の口コミと詳細はこちらから

 

加齢だけが原因ではない関節痛や手足のこわばり、しびれ。関節痛は加齢から起こるものだ、と思い込んでいる女性はとても多いのです。
しかし、逆に更年期のうちから関節痛を放置してしまっていると、加齢によるものも加わり悪化し、私の母のようなことにもなりかねません。

 

自分に合った緩和方法・改善方法を見つけ、対処してゆくことが更年期以降の健康維持のためにも必要です。

 

 

当サイトのトップページでは、更年期に効果が期待できるプラセンタサプリメントをご紹介しています。
それぞれの更年期の症状や、プラセンタサプリメントのいろはなど、更年期症状が良くなるように徹底的に調べて掲載していますので、参考になさってくださいね。

 

【更年期に効くプラセンタ口コミ人気ランキング トップへ】

 

更年期の関節痛にもプラセンタは有効 まとめ

・40代〜50代前半以降、手や足首、ひざといった小さな関節がこわばる・しびれる・痛みが起こるという症状が出たという女性は急増
・プラセンタは、抗炎症作用が痛みに有効的に働き痛みを抑えてくれ、壊れた組織を修復し成果をあげる
・プラセンタには創傷回復促進作用があるため、壊れてしまった組織を修復することにも働きます。
・活性酸素の除去作用もプラセンタにはあるため、組織の老化を防ぎ、変形性関節炎の予防と改善にも役立つ
・プラセンタは抗炎症作用や疲労回復効果・血液の循環を良くする血行促進効果があるため、自然治癒力を高める効果も得られる

母の滴プラセンタEX

Tp200 日本メディカル研究所

キレイ・デ・プラセンタ

更年期の、特に自律神経系のホットフラッシュ・頭重感・片頭痛・睡眠障害に大きな改善力を見せてくれます。私も利用中ですが、プラセンタは更年期障害ととても相性の良い成分なのです。 >> >>母の滴プラセンタEX

更年期障害の悩みで愛飲されている方が多いサプリメントです。自律神経の不調を整え、イライラや不眠、ひどい生理痛、のぼせ、ほてり、多汗などにおすすめです。>> >>TP200

更年期障害の症状だけではなく、年齢により肌つや、たるみ、化粧のノリ、毛穴などが気になる、いわゆる肌老化、アンチエイジングに関してはピカイチではないかと思います。>> >>キレイ・デ・プラセンタ